VALU(バリュー)初心者はビットコインを学ぶべし

マイクロトレードサービスVALU(バリュー)は仮想通貨ビットコインが使用されます。まずはビットコインについて基礎知識を身につけてからVALUをはじめましょう。
MENU

ビットコインの取引をするのであればコインチェックがおススメです

 

ビットコインの取引ですが、コインチェックというサイトで行えます。

 

ビットコインは、まだまだ良く知らないという人も多いかもしれませんが仮想通貨の一つで、外国為替と同じように日本円との相対的な価値は日々変動しています。

 

外国為替について、相場の変動を利用して差益を得ることができるように、仮想通貨であっても日本円との相対的な価値が変動する限りは同じように差益を得るチャンスがあるのです。

 

ただし、為替相場の変動はプロでもなかなか読みにくいと言われています。実際、アメリカドルやユーロ、あるいはその他の国の通貨で外貨預金なりFXなりをやったことがあるけれども、思ったほどの利益は得られなかった、むしろ差損がでたという人もいるかもしれません。

 

仮想通貨を利用する人が増えるかもしれない

 

 

確かにそのとおりで、短期的に、あるいは中長期的に例えばアメリカドルの相場がどう動くか、ユーロの相場がどう動くかというのはなかなか予想がつきにくいものです。しかし、仮想通貨の場合に一つ言えることがあります。

 

それは、仮想通貨の場合は、現時点で現実の通貨と比較するとあまりよく知られていない、使われていないために、今後爆発的に需要が高まり、仮想通貨を利用する人が増えるかもしれないということです。

 

例えばアメリカドルやユーロが今後爆発的に需要が高まり、それを利用する人、持ちたいと思う人が急増して、日本円と比べたその価値が10倍になるとか、逆に10分の一になるというようなことは、世界規模の政変とか戦争でも起きない限りはちょっと考えにくいことでしょう。

 

ところが仮想通貨の場合には、現在の需要が極めて限定的であるがゆえに、今後急増することも十分に考えられるわけです。

 

もちろん、実体のない仮想通貨ですから、現在の需要が極めて限定的であるのと同じような状態がこのままずっと続くかもしれませんし、もしかするとそんなに需要が伸びるよりも前に忘れられた存在になってしまうかもしれません。

 

未来のことは誰しも100%確実に予測できるわけではないのですから、そうかもしれないと言われればそれは確かにそうかもしれないのです。

 

仮想通貨は現実の通貨にはない強みがある

 

 

しかし、仮想通貨には、現実の通貨にはない強みがあることもまた間違いのない事実です。強みの一つは、政府機関、国の影響を受けないことです。これは多くの場合には強みではなくて弱みと捉えられることもあります。

 

私たちは政府機関や国がその価値を保証してくれる通貨に慣れてしまっていますから、そうでない通貨は何の保証もない、怪しさ満点の通貨だというわけです。これは私たち日本人のように、何だかんだ言っても安定した国家に暮らしている人間にはむしろ当然の感覚ですが、世界を見渡すとそれは決して当然ではないのです。

 

世界には残念ながら自分たちの暮らす国、政府が信用できないというか、そもそもまともな政府など存在していない地域に暮らさなければならない人が多くいます。そういう人たちにとっては、自国の通貨なんてものは全く信用がおけず、よほど仮想通貨のほうが信用できると考えていることもあります。

 

そしてもう一つの強みはインターネットで世界中がつながり、お金の取引も世界中で行われるこの時代に適した性質を備えていることです。現実の通貨を海外との間でやり取りしようとしますと、為替手数料と送金手数料という二つの手数料がかかります。

 

異なる通貨を、銀行という組織を介してやり取りするのですからこの2つの手数料は避けて通れません。ところがビットコインのような仮想通貨の場合は、それそのものを直接インターネットを介してやり取りできますから、為替手数料も送金手数料も不要になるのです。

 

このような現実通貨にないメリットを持った仮想通貨は、今後も需要が高まることが十分に予想されるのです。

このページの先頭へ