VALU(バリュー)初心者はビットコインを学ぶべし

マイクロトレードサービスVALU(バリュー)は仮想通貨ビットコインが使用されます。まずはビットコインについて基礎知識を身につけてからVALUをはじめましょう。
MENU

VALU(バリュー)個人の価値を取引できるサービス

VALU

 

VALU(バリュー)は個人の価値をあたかも株式銘柄のように取引することができるというサービスで、最近になって急速に注目度が高まっています。登録されている人に投資をすることで、その人が発信する情報やサービスを優先的に受けることができるという優待特典を享受することが可能です。

 

そのため現在はインターネットで活動を行っている著名人の価値が高まっていますが、今後普及が進みテレビで活躍するタレントなどに投資できるようになることが期待されているのです。

 

しかし、株式市場と異なるのは、VALU(バリュー)に登録されている人への投資は現金では行えないということです。株式銘柄を購入するときは取引口座に現金を入金し、そのお金を使って投資します。

 

VALU(バリュー)はビットコインで購入できる

 

 

しかし、VALU(バリュー)では現金を使うことができませんが、ビットコインで購入することができるようになっています。

 

ビットコインは数ある仮想通貨のなかで最も普及している通貨で、インターネットサービスのみならず実在店舗で商品を購入したときの決済にも利用できるようになるなど利用用途が拡大しています。

 

本来は暗号通貨の認証作業であるマイニングを行うことによって入手できましたが、近年は為替取引のように市場で売買を行って入手する方法が主流になっています。VALU(バリュー)で投資をするためにはビットコインが必要ですが、取引を行うための口座から直接VALU(バリュー)に送金し、投資することができるようになっているのです。

 

直接送金可能な取引口座はコインチェック

 

 

直接送金可能な取引口座はコインチェックです。日本最大級の取引所で、現金を開設した取引口座に入金して仮想通貨との取引が行えるだけでなく、保有している仮想通貨を使って決済を行うことも可能なのです。この仕組みを利用して、VALUにビットコインを送金できます。

 

まず行うべきことは、VALUとコインチェックの両方でアカウントを登録することです。VALUの登録はアプリをインストールすれば簡単に行うことができますが、コインチェックでは現金を扱うため為替取引や株式取引の口座を作成するときと同じようにアカウントを作成した後に氏名や住所といった個人情報を入力し、さらに運転免許証などの身分証明書の写真を撮影してアップロードしなければなりません。

 

双方の登録が完了したら、VALUの口座管理メニューから「BTC入金先アドレス」をチェックし、表示されたアドレスをコピーしておきます。そのままコインチェックにログインしてウォレットを開き、「ビットコインアドレスで送る」という項目を選んで新規宛先に先ほどコピーしたBTC入金先アドレスを貼り付け、金額を指定します。すると、その金額がVALUに送金されるのでその資金を使って投資を行うことができるようになるのです。

 

参考:たったの3分、2017年coincheck(コインチェック)口座開設手順徹底解説

 

注意点が二点あります

 

 

この際、注意点が二点あります。ひとつは、送金には手数料が掛かるということです。その金額は0.0005BTCという額面に固定されていますが、ビットコインの価値は変動幅が大きいため日本円に換算すると意外と高額になることもあります。送金手数料は一回の手続きごとに掛かるため、気になるのであれば一度に十分な額を送金し、手続きの回数を減らすことで手数料を節約できます。

 

もうひとつの注意点は、送金手続きを行った後にVALU側に反映されるまで多少の時間が掛かるということです。双方のサーバー状態などにも左右されますが、手続きを終えてから最短でも10分程度のタイムラグがあり、場合によっては1時間を超えることもあります。適切に手続きを終えていれば、VALU側に入金が行われたときにメールが届くので焦らずに待つようにしましょう。数時間経っても反映されない場合は、送金履歴を確認するべきです。

VALU(バリュー)は現金では買えない?ビットコインで売買されます

 

VALU(バリュー)は、今までになかった新しいフィンテックサービスの一つで、ビットコインやブロックチェーンなどの技術を用いて開発されたものです。個人が株式会社のように株式を見立て株式を発行して、それを自分の価値として好きな価格をつけることにより、他人と売買が可能になります。

 

これから何かアクションを起こしそうな人物を見つけることで、その人の発行する株式を買い支援を行ったり、ファンにお礼をすることができる、新しい時代のコミュニティーの一つと言えるでしょう。

 

VALU(バリュー)が開発された目的とは?

 

 

VALU(バリュー)が開発された目的は、今まで金銭的な理由であきらめてきた夢や目標を、ファンから支援してもらうことで実現することができたり、さらに支援してもらったファンに見返りをプレゼントできるサービスとして開発されました。

 

VALU(バリュー)では、個人の価値を売りに出して、ほかの人に支援をしたり、トレードすることができます。そのため毎日のように、自分の価値を多くの人がやり取りしています。また株式を買った人は、その人からお礼を受け取ることもできます。

 

この仕組みを見ると、まるでクラウドファンディングに近い印象を受ける人もいるかもしれませんが、方向性が明確になっているプロジェクトやプロダクトを支援するのではなく、成し遂げたい何かを持っている個人の可能性に対し投資を行うのが大きな特徴です。新規事業の立ち上げに挑戦したいけれども、資金が足りずにあきらめざるを得なかったという経験が、サービスの根本となっています。

 

VALU(バリュー)は模擬株式の売買としてビットコインを使用

 

 

VALU(バリュー)では、模擬株式の売買としてビットコインを使用しています。ビットコインの大きな特徴は、特定の国が管理しない通貨だということです。この通貨を使用することで、共通の通貨で対等にお金のやり取りができます。国境を越えて、個人間での支援のし合いが、より活発になる環境が整う第一歩になる可能性が大きいと言えるでしょう。

 

すでにVALU(バリュー)は、日本語と英語に対応しています。送金手数料が安く、手続きも簡単なビットコインとは非常に相性が良いと言えるでしょう。利用する上で気になるのが安心して使えるかどうかということでしょう。この点については、サービスの開発が始まった当初から、頻繁に金融庁を訪れて、それぞれの機能について法律面の問題がないか確認してきたといわれています。

 

そのうちの一つに、バリュー上では直接ビットコインを購入することができず、外部サービスを購入したうえで、バリューに送金するという仕組みをとっています。日本円への換金もバリュー上で行うことはで きず、ビットコインを一度外部サービスに送金しなければなりません。このような仕組みをとることで、外部サービスを経由する必要が出てきますが、仮想通貨交換事業者への登録がなくてもサービスの提供ができると判断されています。

 

VALU(バリュー)の登録は無料です

 

 

VALU(バリュー)の使い方としては、まずは登録を行いましょう。登録は無料で行うことができます。登録の際にSN Sに連携して簡単に登録することができます。自身のフェイスブックやツイッター、インスタグラムのアカウントと連携することによって、フレンド数やフォロワー数に応じた時価総額が算出されます。

 

次に株数を決定します。100VA、5000VA、10000VAの中から、自分のVA数を選択します。基本的には数百から数千円ぐらいで開始すると、売買がされやすいと言えるでしょう。そしてプロフィールなどの情報を入力します。この時に自分のページをリッチに見せるようにしましょう。

 

上場するとほぼ自動的にいくつかのVAは市場に売り出されることになります。そして自分だけのバリュー優待を設定することで、サポーターを獲得するチャンスが広がります。握手会やファンミーティング、撮影会など様々な特典があるので、このような特典を設定してサポーターを増やしていきましょう。

有名人・芸能人も参加で日増しに注目度が高まっているVALU(バリュー)って?

 

VALU(バリュー)とは、マイクロトレードサービスによる、投資方法の一種です。株式によく似ていますが、一般の株式だと株式会社が発行した有価証券を市場に流通させることで資金調達ができます。

 

しかし、一般の株式だと東京証券取引所などの取引所に上場を果たす必要があり、その審査はかなり厳しいものになっています。VALU(バリュー)であれば、会社はもちろんのこと、個人でも株と同じ意味を持つVAを発行可能です。

 

敷居の低さが魅力で、一般の株式投資にはない将来が有望なVAに投資をして、儲けを得られる幅を広げられます。有名人も参加しており、注目度が高まっているVALU(バリュー)ですが、買い方としてまずビットコインを入手する必要があります。VAはビットコインでしか取引ができない仕組みになっているからです。

 

ビットコインは仮想通貨取引所で入手することが可能

 

 

ビットコインは取り扱いのある、仮想通貨取引所で入手することが可能です。この取引自体は日本円で行なえますので、VA購入で必要になる資金分を調達しておきます。このときに少し時間がかかりますので、投資をしようと思いついたなら、早めに手続きに取り掛かるのがコツです。

 

コインチェックやビットフライヤー、Zaifといった仮想通貨取引所が有名で、安心して取引ができます。この他にも仮想通貨取引所があるものの、諸費用が高いなど、あまり評判が良くないため、以上の3つの中から選ぶのがお得です。

 

コインチェックの人気が高いため、この仮想通貨取引所を例にすると、まず口座開設を行います。その後、日本円でビットコインを購入して口座に預けます。続いて、VALU(バリュー)に用意した自分の口座に送金する手続きをします。両者ともに口座開設の作り方はとても簡単です。

 

VALU(バリュー)はスマートフォンから利用可能

 

 

スマートフォンからでも利用できます。送金先であるVALU(バリュー)側の口座には、アドレスが用意されています。いわば口座番号のようなもので、これを利用して送金先を判断する仕組みです。入金先アドレスが書かれていますので、そのアドレスをコピーします。

 

コインチェック側のサービスにログインしたなら、コインを送るの項目を選んで、送金先の項目を選び、先程コピーしたアドレスをペーストします。送金したい枚数を設定して、送金ボタンを押せば完了です。コインを送るの画面には手数料や送金可能額などが表示されていますので、それも参考に枚数を設定すると便利です。

 

後は送金先の口座に反映されるのを待つだけですが、早ければ数分程度でも反映されます。時間がかかると1時間くらい待たされる例もあります。反映されるとメールでお知らせが届きますので、それを待っていれば頻繁に管理画面を見る必要はありません。

 

資金が用意できたなら、投資したい相手を探します。投資したい相手とは、VAを発行している会社や個人のことです。サービス内で探しても良いですし、ネット検索サービスで紹介されているものを参考にするのもおすすめです。

 

投資先は慎重に選ぶようにします。仮想通貨で投資できるお手軽感があるものの、仕組み自体は株式投資と同じですので、VAは資産として保有することになります。誤った選択をすると資産を目減りさせてしまう危険があるため、将来有望な確かな相手のVAを購入するようにします。

 

株式と同様に、安いときに購入して高いときに売るのが基本です。

 

購入したいVAが決まったなら、VALUを売買するというボタンを押します。ページの最下部に購入に必要な金額が表示されていますので、口座に預けてある資金の範囲内で、好きな量を購入します。ちなみにこの価格は市場の取引量によって決まりますので、リアルタイムで単価が変わる仕組みになっています。

このページの先頭へ